御所南 指圧 まつ山

ご予約・お問い合わせは、
tel. 075-231-9877

当院について

当院の方針

姿勢にこだわる理由

姿勢と聞いて痛みの治療、とは結び付きにくい方が多くいらっしゃると思います。

しかし当院は、腰痛・肩こりなど身体の各部位の症状が発症する原因には姿勢が大きく関係していると考えております。

そもそも姿勢が悪くなるのには、筋力の衰え、またその筋を使う能力の衰え、他にも筋肉や関節が硬くなってしまい、元の位置に戻せないなどの理由があります。

もっと言えば、身体の構造的に正しくない使い方が、癖になっていると上記のような状態に陥り、じわじわと理想と離れた状態になってしまいます。

では、痛みや不調と姿勢との関係性は色々とありますが、ここで一つ紹介いたします。

例えば、肩の関節はグルグルと回したり、色々な方向に動かせると思いますが、肘の関節は曲げ伸ばしは出来ても、肩の様に色々な方向に動かすことは出来ないと思います。

これは関節の構造のちがいです。

同様に、実は腰の骨「腰椎」の関節は、腰を捻る動作では、ほぼ動いておりません。

それよりも上の胸の胸椎と言わている骨の関節、または股関節が動いてるのです。 もし猫背になり胸の胸椎と言われる骨の関節が動きづらい姿勢で、身体を勢いよく捻るとどうなるでしょうか?捻りの動きには適していない腰椎を無理やり動かすことになり、腰痛を引き起こしやすくなってしまいます。

つまりこの場合の腰痛は、腰そのものが原因ではなく、猫背姿勢になっていることが原因と考えます。

このように、肩こりなら肩、腰痛なら腰ではなく、身体の構造から考えて、 痛みや不調がある患部だけを診るのではなく、根本の原因を探しアプローチをすることが症状を治癒させるうえで大切なことだと考えております。

各症状を治癒させる上で「主体となるのは患者さん自身であり、治療者はその手助け役」という認識のもとに、みなさまの健康をサポート出来るように努力して参ります。

院長紹介

院長 松山 岳文

松山 岳文の写真

略歴

  • 佛眼鍼灸理療学校 選科 卒業
  • 国家資格 あん摩マッサージ指圧師免許 取得
  • 国内外で講師として指圧指導にあたる。
  • 学校法人 仏眼教育学園 評議員に就任。

講師活動経歴

(国内)
  • 関西伝統指圧協会 研修会
  • 公益社団法人 東洋療法学校協会主催の教員研修会  京都仏眼鍼灸理療専門学校からの要請により、サポート講師として  指圧指導を行う。
  • 中和医療専門学校の教員、講師、助手 対象の講習会
(海外)
  • ドイツアセーキ学校主催の講習会  関西伝統指圧協会会長 吉岡祐三郎師が講師としいて招聘された際、  助手として共に渡独し、指圧指導を行う。
  • ヨーロッパ日本伝統医学協会(AEMTJ)/フランス日本伝統指圧  連盟(FFSTJ)共同主催の講習会  京都仏眼鍼灸理療専門学校 小林校長と共に渡仏し、技術指導担当  講師として指圧指導を行う。

セミナー受講

  • 世界を股に掛ける腰痛治療家Ken Yamamotoセミナー
    (東京セミナー、ハワイセミナー、オーストラリアセミナー)
  • ハワイ大学人体解剖実習
  • その他のセミナーや、治療家の先生方と定期的に勉強会を開き学び続けております。
Copyright © 指圧 まつ山 All Rights Reserved.
ページ上部へ